shin__shin__shの日記

英検、全国通訳案内士、TOEICを中心に英語学習について書いています。あまり若いころに勉強をしておらず留学経験もありません。達人の英語ブログではなく普通の人が英語学習や資格試験に役立ちそうなことを書いています。いっしょにがんばろうと思える内容になれば幸いです。(^o^)  英検1級・全国&地域通訳案内士[英語]

英検1級 不合格 気持ち 切り替え

f:id:shin__shin__sh:20200913150154j:plain


今回はあまり思い出したくはないですが、自分の英検1級1次試験『不合格』について書いてみたいと思います。

f:id:shin__shin__sh:20200913150218j:plain


他の記事でも書きましたが、私は1次試験合格までに数回受験しており、合格直前の2回は『G1−1』であと1問というところで合格を逃していました。


【1次試験受験後】
なかなか合格を確信という出来はなく、毎回、受験後は疲労で寝込み、夜になると、ネットでなんとか解答っぽいものを探したりして悶々と過ごすことが多かったです。

こういう行動は第3者から見ると無駄な行為で、見ても一緒やん、と思われるかとしれません。でも当人しか分からない衝動がありますので、どうしようもないことかなと思います。ネットは見たいなら見ればいいし、見たくないなら見なくてよいかと。

自己採点できない英作文は1番気になる問題です。これも見たくないなら見なくてもよいですが、ネットでCSEスコア一覧などを、どうしても見てしまい、22点なら合格、21点ならダメかぁ・・などと勝手に落ち込んだり安心したりしてました。

特にネットの『普通に書いていれば○○点もらえる』はあてになりません。その人の普通なのでみんなに当てはまることはありません。(^_^;)


【不合格当日】
英検は受験から発表まで、そう長くはないので、仕事などしていれば、わりとすぐ発表の日がきます。

月曜日がネット発表だったと思いますが、いつ見てもいいや〜と思いつつ、結局13時にはスマホをにぎっていました。

どうやって開こうが、見てしまえば結果は一瞬で理解できます。『不合格』の2文字が目に飛び込めば、その儀式は終了です。

合格して気づいたのですが、合格は緑や赤で記されていますが『不合格』は白黒です。味気ないです。

何度見ても結果は変わらず、しばらくは、ボケ〜っとしてしました。相当な勉強量を振り返り、まだダメなのかと自身の力のなさを痛感します。

その日は基本的に静かに過ごしていました。仕事があることもありましたが、悪いときは重なるもので、そういう日に限ってクレームや無駄な会議があったりします。とにかく冷静に過ごして、業務が終わればさっさと帰って寝ました。

誰と分かち合うこともできない苦しみですね。強いて言えば語学学習仲間などいると、情報交換もでき、前向きに話もできて気も紛れたりします。私は県のボランティア通訳団体にも所属しているので、ときにはメールなどで愚痴ることもありますが、英語を分からない人のアドバイスよりは、はるかに助かります。

余談かもしれませんが、仕事で行き詰まったときこそ、私は、自分の『学び』に力を入れました。

俯瞰的に考えると、会社員での業務はすべて会社ありきでの成果かと思います。成功も失敗も会社の肩書の上での結果です。そこで自分の無力さのようなものを痛感することは、今後前に進んでいく原動力になりました。

会社なので、いろんな方がいて、ただ会社にぶら下がり日々の時間を消化するオジサンも多いですが、私は前に進みたかったので、仕事の悩みやトラブルがあるときの深夜は意地でも勉強する日が多かったです。

理想は、明日会社がなくなっても生きていける力ですね。(^o^)


【次回試験に向けて】
私の場合2〜3日はのんびり過ごして、すぐに次に向けて始動していました。とはいえ、ダメージも大きいので、だいたい最初に使うのはパス単でした。すでに3周くらいはしていましたが、では4周目だというふうに、とにかく本を開きました。

特につらかったのが、1月の不合格です。6月まで長いんですよね。戦う気力はあるのに試合がないような時期でした。TOEICや全国通訳案内士などのべんも組み合わせて、なんとか英語のモチベーションを保っていた感じです。

だいたい英検の2ヶ月くらい前から、本気モードで勉強していましました。不合格は悔しいのですが、年中集中というのもしんどいので、自分なりの年間スケジュールのようなものがありました。

こんなにがんばっても受からないのか、と絶望することもありましたが、G1−3くらいになってくると、合格は見えてきます。

G1−1とか2ならなおさらです。
合格は目前です。

本当です。

また、時間もお金も費やして、引くに引けない中毒のような状態が私でしたが、中毒になるのも今思うと一つの手段だったと思います。『英検中毒』というか、英検に取り憑かれるというか、特殊な精神状態です。

※健康や他のものを失う可能性があるので『英検中毒』はおすすめはしません。特に学生さんなら、なおさら英語以外にも学ぶことはたくさんありますので、あまり視野が狭くなるといいことはないでしょう。

英検に限らず、自分の目標に向けて、相当な時間を努力してきた方はどうか諦めないでください。

合格は目前です。本当です。
あと1ページがんばれば合格かもしれませんよ。(^o^)

f:id:shin__shin__sh:20200913150328j:plain