shin__shin__shの日記

英検、全国通訳案内士、TOEICを中心に英語学習について書いています。あまり若いころに勉強をしておらず留学経験もありません。達人の英語ブログではなく普通の人が英語学習や資格試験に役立ちそうなことを書いています。いっしょにがんばろうと思える内容になれば幸いです。(^o^)  英検1級・全国&地域通訳案内士[英語]

英語教育

英語 リスニング メモ 必要?

こんにちは。今回はリスニングのメモの取り方についてです。\(^o^)/ よくある参考書には、5W1Hや比較表現、時刻、曜日、色、形など特徴的な箇所をメモしましょうと書かれています。 私も人に聞かれたら、よくそう答えています。試験を受けている人を見ても…

ハイコンテクスト ローコンテクスト

こんにちは。 今回は『ハイコンテクスト』と『ローコンテクスト』についてです。 いきなりですが、日本語はハイコンテクストな言語です。文化的習慣や生活背景などにより多くの言語を介さなくても意思疎通ができる言語です。 空気を読める文化、一を聞いて十…

新 中学生 英語 教科書 難化?

こんにちは。 今回のテーマは『新しい中学生の教科書』です。教科書の変更には小改定と呼ぶものと大改訂と呼ぶものの2種類あり、来年は大改訂の年にあたります。 まぁ、今までも、改定を繰り返してきたから、同じでしょ?たぶん学校の先生がとかが、なんと…

英語 学習 孤独 必要?

知り合いの伝統工芸士が 『一流になるには孤独が大事』 と言ってました。 最初は意味がよく分かりませんでしたが、歳を重ねるごとに、その言葉の意味が少しずつですが分かるようになってきた気がしています。 昔は友達といない人=寂しい駄目な人、というイメ…

英語 オンライン コロナ禍

コロナ禍という状況もいまだ継続中ですが、今回はオンラインでの英語学習の可能性について触れてみます。 まず私が使ったアプリなどについてですが、ZOOM、meet、LINEを使ってみました。 LINE動画は少し他の2つよりは画質など数点において負けている気がしま…

英語 スラッシュリーディング

今日はスラッシュリーディングについて。スラッシュリーディングとは英文を読むときに、ある程度のカタマリでスラッシュを入れながら、うまく英文解釈をしていく手法です。 基本的には5文型で習うような、文の構成要素で小さなカタマリに分けます。 One day…

試験勉強の息抜きで神社にお参りすると効果あり?

私は勉強や仕事に疲れてくると、散歩がてら県内の天神様を探すという不思議なルーティンがあります。 天神様は全国に、なんと1万以上あるということで、私が見つけた神社の中にも絶対誰も辿りつけんやろ・・的な、ほぼ放置されたような天神様もありました。…

丸暗記型 英語 デメリット

今回のテーマは『丸暗記型の英語』です。 あ、ちなみに画像は暗記と関係なく、私の塗りシャーペンです。結局1.3ミリが私は好きです。どうでもいいか・・(^_^;) 今回は良くない意味で使っていますが、もちろん語学はある種、暗記型のスポーツのようなものです…

分詞構文 書き言葉?

こんにちは。今回は分詞構文についてです。分詞構文って『書き言葉』って習いましたか?またまた結論から言いますと 『基本的に書き言葉』でよいかと思います。しかし、私が話題にしたということは、なにか腑に落ちない部分があるということです。まず言語な…

英語 多読 効果

多読って知ってますか?簡単に言うと、自分が読めそうな本をひたすら読み続けていくと、自然と英語をマスターしていくという手法です。いつも通り結論から言いますと、役に立ちます。海外の英語バイリンガルの人と話していると、本で学んだと言う人も多いで…

電子辞書 vs. 紙の辞書

みなさんは辞書は何を使ってますか?私は電子辞書を使っています。電子辞書がないときは紙の辞書を使っています。世間的には、紙の辞書と言ったほうが英語の指導者っぽいでしょうか。 でも事実です。(^_^;) 多くの中学、高校では紙の辞書、特に中学生にはジ…

不定詞 思い込み あるある

誰に聞いたか分かりませんが・不定詞は不安定 ・不定詞は意味が決まらないから不定と、思ってる人が結構います。 私はこれは間違いだと思います。よく分からないときは信用できる辞書や参考書でしっかり調べましょう。 不定詞=「主語の人称、数などに限定さ…

小学校 英語 必要?

小学校で英語が教科となりましたが、今回は英語の学習開始時期と内容について触れてみたいと思います。 結論から言うと、中途半端にやるくらいならば、従来通り中学生から、少し早めて小6の1月からでも構わないかと思っています。 つまり早期に英語を始め…

5文型 必要? 不必要?

今日は日本の英語界に長年君臨する「5文型」について書いてみます。 諸説ありますが、そもそもはイギリスのオックスフォード大学の教授が1903年に自国民の英語学習の一助として書いた書籍が元のようです。 英語が日本に大々的に入ってくるのは明治時代…