shin__shin__shの日記

英検、全国通訳案内士、TOEICを中心に英語学習について書いています。あまり若いころに勉強をしておらず留学経験もありません。達人の英語ブログではなく普通の人が英語学習や資格試験に役立ちそうなことを書いています。いっしょにがんばろうと思える内容になれば幸いです。(^o^)  英検1級・全国&地域通訳案内士[英語]

英語 リスニング メモ 必要?

こんにちは。

今回はリスニングのメモの取り方についてです。\(^o^)/


よくある参考書には、5W1Hや比較表現、時刻、曜日、色、形など特徴的な箇所をメモしましょうと書かれています。


私も人に聞かれたら、よくそう答えています。試験を受けている人を見ても、速記でなんとかメモをとろうとしている人を見かけます。


メモは適量を適切にとれれば効果があります。しかし、メモの量が多すぎたり、メモをとることに必死になりすぎては、うまく正解することができません。


究極ですが、メモが気になって聴くことに集中できないのであれば、その時はメモをやめて全神経を聴くことに集中させてもよいかと思います。


私はメモをとることがあまり得意ではないので、特に計算が必要なものや、数字や人物が多いなど必要がある場合以外は、極力メモは少なくしています。


では文字は読まないのかというと、ボンヤリとは見えています。最高に集中したときは文字は視界に入ったまま空中を見つめているようなときもあります。


私は一応、英検1級で、TOEICもリスニングは、ほぼ満点をとったことはありますが、上級者でもリスニングのやり方は人によって違います。よく私は書いていますが、なんでも鵜呑みにせずに、自分にあったやり方を探すことが大事だと思います。


メモをとりまくっていて、意外と聴こえていない方は是非試してみてください。メモを少し減らして耳に全集中です。(^^)

英語 日本語 言語距離

こんにちは。

今回のテーマは『言語距離』についてです。私のブログではあまり小難しくならないように書きたいとは思いますが、まぁ知ったからといって学習スピードがあがるということでもないので、興味のない方は読み飛ばしてください。(^o^)


言語距離とはずばり言語同士の性質の距離、つまりどれくらい違うかです。


結論から言うと日本語と英語は2つの観点から、相当離れています。


まずは『音自体』
テレビで英語音声に切り替えたときに、聞こえにくくて、音量を上げたことはないですか?


恥ずかしながら私はよくあります。
英語が2,000~1万2,000ヘルツに対し、日本語は125~1,500ヘルツだそうです。
聞こえないのですから、覚えるのも大変ですよね。(^_^;)


そして『文の構造の違い』
多くのラテン語由来の言語は
いわゆるSVOが主流です。

英語では
I love you.

ドイツ語なら
イッヒ リーベ ディッヒ

中国語でも
我爱你

スペイン語も同じく SVO


そして日本語では?

私は あなたを 愛する
と SOV


Why Japanese people!
と叫びたくなりますが、これも言語距離の違いです。


まぁ、みんな英語できないから、できる人に仕事が集まるのですが、こういった背景を知り、対策を立てていくと学習もうまくいくかもしれませんね。


小中学生にはまだ伝えたくない真実ですね。『母さん言語距離のせいで僕はテストが悪かったよ。』と言われると困りますね。(^_^;)

ハイコンテクスト ローコンテクスト

こんにちは。
今回は『ハイコンテクスト』と『ローコンテクスト』についてです。


いきなりですが、日本語はハイコンテクストな言語です。文化的習慣や生活背景などにより多くの言語を介さなくても意思疎通ができる言語です。


空気を読める文化、一を聞いて十を知る、阿吽の呼吸といったものがイメージには近いです。


母さん何食べる?
うなぎ。
父さんは?
ラーメン。


で日本語では通じますが、
英語にそのまますると
最初の一文以外は直訳はできず、


せめてI'll have Ramen.
と、主語と動詞は必要でしょう。


私が以前外国人の友人に
『行けたら行く』
と言うと、来るのか?来ないのか?
はっきりしてくれ、と言われました。


また、まぁ大人の事情でね・・と言うと
では『子どもの事情はあるか?』
と聞かれまた困りました。(^o^)


英語は『ローコンテクスト』と言われます。そもそも身の安全のためにも社会の中で、まず同じ社会にいるのかどうかをはっきりさせるために、ちゃんと言葉を使います。


私のブログは英語学習についてなので、学習的なことを述べると、英語を日本語にダイレクトに翻訳できないのは、こういった言語の違いもあるということです。


いつも使わずにすんでいる主語と動詞を必ず最初に持ってくるのは大変です。意識しすぎると、お決まりの

I think I want ばかりを繰り返してしまいます。(^o^)


とはいえ、主語と動詞から始めるのが英語ですので、そんな違いも認識した上で、努力していこうと思います。

英語 苗字 名前 どちらが先?

f:id:shin__shin__sh:20200917134933j:plain

こんにちは。
今回は英語で名前を言うときに、苗字と名前のどちらを先に言うかです。


まず学校では『苗字・名前』の順番で指導されます。これは我々は日本人として産まれて、日本人として名前をもらったので、無理に欧米に合わせずに、日本文化や自身の名前に誇りを持ちましょう・・的な感じです。


また、苗字・名前を反転させることにより、特に歴史上の人物などには不具合が出ます。


小野小町 → こまち おの の?
清少納言 → 少納言 清?
卑弥呼 → 呼  卑弥? (笑)
藤原道長 → みちなが ふじわら の?


確かに、こういう例を出されると納得してしまいそうですが、少し極端な例ですね。昔の人に会うこともないですし。


私は世界の人が関係するような会議やテレビ、大会などは、『名前・苗字』でよいのではと思います。

オリンピックとかでも『Mao Asada』ですよね。妥協というわけではないのですが、海外の方にとってはどちらが名前かも分からない可能性もありますし、先進国の中では『名前・苗字』が多いので、私も英語話者と話すときは合わせています。


ただし、誤解してはいけないのは、我々の名前が大事なものであることは、間違えありません。


また、英語がいくら強い公用語だからといって、日本国内でさえも英語を当然のように持ち込むのは、不自然かと思います。


ときどき、テレビで意地悪そうに英語で質問をして、なんて日本は英語ができないんだと、小馬鹿にしたような番組がありますが、日本なら逆に日本語で話しかけるのが普通ではないでしょうか。もちろん海外のテレビ局が海外で番組をしていたら別でさが。


そもそも、英語と日本語では根本的な言語距離が遠いのですから、学んでがんばっている時点で私は素晴らしいと思います。


失ってはいけないものは、失ってはいけませんが、その場での『最適』というのもあるはずです。


ルールだから、こうしゃべりなさい!ではうまくいかないですね。自分で考えることが大事ですね。(^o^)


サンフランシスコ平和条約吉田茂が日本語を大事にしたように。


あらためて、ひらがなを見ると
やはり日本語っていいですね。(^o^)

あいみょん おいしいパスタがあると聞いて

f:id:shin__shin__sh:20200914165238j:plain

こんにちは。
今回は英語ではなく、CDを買ってみましたのでその紹介です。

最近はめったにCDを買うことはないのですが、本当にほしくて買ってしまいました。

1番聞きたかった曲が

『さよならの今日に』

ニュースZEROのエンディングソングです。

メロディーもよいのですが、
歌詞がとても気に入りました。


切り捨てた何かで 今があるなら
もう一度だなんて そんなわがまま
言わないでおくけどな

永遠のロックスター 伝説のキングは
明日をどう生きただろうか


確かに、今というのは、過去が土台にできていますが、当然戻ることもできません。
人はみな切り捨てた何か、後悔した何かがあるでしょうが、それを後悔もせずに前に進んでいく勇気がもらえます。


切り捨てたのか、結果としてそうなったのかは、分かりませんが、人生でやり直せたらなぁと思うことは誰にでもあるでしょう。


そして過去の偉人たちは、どう生きたのか・・何も後悔はなかったのか・・何かを乗り越えたのか・・答えは書かれていません。



2番のサビでは


伝説のプロボクサー
謎に満ちたあいつは
明日をどう生きただろうか


とあるのですが、謎に満ちたあいつとは誰なんだ・・とさらに考えてしまいます。笑


ただの流行り歌手かと思っていましたが、すごいですね。(^o^)


普段は英語のことしか書いてないですが
たまには音楽で癒やされるのも
よいのではないでしょうか。(^o^)



全国通訳案内士 テキスト おすすめ

こんにちは。
今回は全国通訳案内士の勉強で役に立ったテキストについて書いてみます。

f:id:shin__shin__sh:20200914020414j:plain


目次がこんな感じです。
第1章 日本にようこそまずは東京案内
第2章 自宅に招待しよう
第3章 旅館に泊まってみよう
第4章 関西を楽しもう
第5章 日本の年中行事について話そう
第6章 日本のしきたりを説明しよう


1つのトピックがだいたい120語ほどで、簡単な英語で書かれています。80テーマあるのでかなりの範囲は網羅できます。


実はこれは、最初は、簡単すぎるけど一応買っておこうかなぁと言う程度でした。

しかし、勉強していくうちに、特に十数年前から通訳案内士の定番テキストのようなものは、どれもかなり難しくて、私には使いこなせなかったです。

特に口述試験で、自分の力量を超えたものを暗記しようとすると、無理が出て、結局何を言ってるのか自分でも分からなくなりました。

正直、この本は口述本番まで何度も読み返しました。試験にも当然持参して、前日の宿でも、最後まで読んでいました。


英語を学ぶときに、良い意味で自分のレベルを知ることは大事だと思います。

特に通訳案内士は海外の観光客に日本のことを伝えるので、自分でも使わない単語はまぁ通じにくいと思います。


口述試験に向けて少し行き詰まっている人は参考にしてよい本だと思います。

新 中学生 英語 教科書 難化?

f:id:shin__shin__sh:20200913235628j:plain

こんにちは。
今回のテーマは『新しい中学生の教科書』です。教科書の変更には小改定と呼ぶものと大改訂と呼ぶものの2種類あり、来年は大改訂の年にあたります。


まぁ、今までも、改定を繰り返してきたから、同じでしょ?たぶん学校の先生がとかが、なんとかするでしょ〜とか思われるかもしれませんが、


今回はかなり大きな改定が
予想されます。
理由は『小学校英語の教科化以降初めての中学生教科書になるからです。』


つまり小学校で英語は指導されてきて、それにつながる中学生という位置づけになるのです。


なるほど〜。では、小学校でちゃんと習ってたら早く先に進めていいね〜。と思われるかもしれません。


しかし、小学校英語って始まったばかりで、結構学校ごとの差は大きいんですよね。しかも英語の先生も、なんとか英語を指導するために、四苦八苦されてる方もまだまだいらっしゃる現状です。


本来の中学生英語はbe動詞や一般動詞から習います。ここに関しては変わりません。問題は小学校教科書で既習とされる語彙や表現がどこまで入ってくるかです。


これは実は教科書会社によって変わりますので、小学校復習コーナーがどれだけあるかで難易度はかわるでしょう。


ん?では親切に復習多い方がいいの?と思うかもしれませんか、


私の見解では
日本全体としては『あまり小学校英語の成果をまだ頼るべきではない』
と思います。



みんな一様にある程度の語彙が身についていれば問題ないんですけどね。



小学校英語は本当に奥が深くて、感覚的に指導するか文法も理解させるか、筆記もさせるのか、スライド中心か・・などもまだまだ議論の余地があります。



つまり中学生の教科書に、小学校の教科書の語彙が、よかれと思って詰め込まれると、その分も、身についてない子は2倍3倍にテスト範囲として増えてしまいます。


まぁテストでどこを使うかも、定期テストは中学の先生が作るので、ここはどうにでもなりますが、増えてしまう内容でどこを優先して指導するかだけでも悩み万才でしょう。


加えて文科省の伝家の宝刀『思考力』『表現力』『判断力』を加味し、
文は長くなり、読むのも書くのも増えていきます。


私の推定結論としては、今でも英語キライな子どもはたくさんいるのですが、さらに増えて、『完全に二極化』するのではないかとも思います。


さぁ〜どうする!と気になるところですが、大前提として、変わるものはしょうがないのでパニックになってもどうにもならないので落ちつきましょう。


あとは、今小学生ならば
①メチャメチャ鍛えておく。
これは乱暴な正論ですが、少しでも鍛えておいたほうが楽だとは思います。例えばですが英検4級とか3級とかあれば少しはしのげるでしょう。準2級は3級よりはだいぶ頼りになりますが、なかなか小学生では難しいですね。


②焦らずに中学になってからがんばる。
結局こうなる人も多いとは思いますが、ざっくばらんに詰め込まれたような教科書になりますので、是非大人も一緒に、『学ぶ順番や優先順位』は決めてあげる方がいいかと思います。


例えば、小学生の英語は感覚的でほぼ身についてないのであれば、しっかりと筆記をさせ、まずはbe動詞と一般動詞など英文の基本ルールを1学期はがんばろうとか。


まだまだ情報が少ないので、特に小学生のお子様や生徒をお保ちの方は、あと半年で情報を集めて準備しておきたいところですね。(^_^;)